ヒマダネの部屋(古川利明の同時代ウォッチングB面)

硬派なニュースネタとは別に、肩肘張らないヒマダネをゆるりとアップ! 略歴・1965年生まれ。慶応義塾大学文学部(仏文学専攻)卒。毎日新聞、東京新聞記者を経て、フリージャーナリスト。

ヒマダネ版ひとりツイッター!(続き)

 #これまで続けてきたライブドアブログから、諸般の事情により(たぶん、インストールされておるOSが古いからだと思うんだが、突如、管理画面にアクセスできなくなってしもうた)、こっちに引っ越した。今後は、この「はてなブログ」の方でヒマダネをupすることにする。

 それで、リテラに載っておったんだが、この「6・6」OAのテレ朝「激レアさんを連れてきた。」で、番組中に政府広報のCMを挿入する格好で、「革命家志望」の弘中綾香が、ぬあんと、マイナンバー(=コクミン総背番号制)カードの宣伝PRを延々とヤラされて、「セキュリティも心配なく、ゼッタイ大丈夫」と御墨付きを与えておったってんだな。こういうのは、一般に「インフォーマーシャル」と呼ばれておるんかよ、通常のCMとは趣を異にしておって、尺も長く、一見、通常の番組を装っておるってんだな。深夜の通販番組だわなあ。シンブンでも、コイツと同じ一般記事風の広告があるんだが、ま、「それ」だわな。このテの政府広報ってのは、電通がたんまりと受注しておるんだが、恐らく、今回もそうと思われる。だとすると、電通サイドで、具体的に企画立案しておると思うんだが、それで「エース」の弘中が指名されたってワケだわな。もちろん、弘中の仕事は台本通りにセリフを読み上げるだけなんだが、女子アナ人気投票1位だったかよ、確か、田中みな実より上だったよな、敢えて弘中にヤラせておるあたりが、視聴者に対する波及効果を、心憎いばかりに、ちゃんと、考えておるよなあ(笑)

 

 #ほいで、カトパン、イットの特捜取材用に言っておった神社本庁のドタバタ劇なあ、折しも、こんぴらさん金比羅宮)が神社本庁から離脱したんだが、いよいよ、総ちょーの田中恒清に対する刑事コクハツが、この「6・22」にも出されるらしいな。

 それと、ここんところ、スンゴイことが起こっておって、既にダイヤモンド・オンラインが字にしておる、神社本庁のヒショ部長兼渉外部ちょーの小間澤肇とかいうのが、部下のヒショ課長のオンナと不倫しておったってことで、歌舞伎町のラブホテルから出てきておるところの写真も、バッチシ、載っておるんだが、さらには、神社本庁リジで岩手県神社庁長(神道政治連盟総務会ちょー)の藤原隆麿(齢66)が、この「5・11」に死去しとるってんだが、じつは「ジサツ」だってんだな。でも、緘口令が敷かれておって、神社本庁は公式には認めておらん。一連の不動産転がしで、刑事コクハツされた場合、火の粉が降ってくるんで、どうも、「それ」を苦にしておったらしいんだな。そもそも、「ジサツ者が出るジケンは、スジがいい証拠」ってのは、言い古された物言いが、いいか、神社本庁も本腰を入れてヤラんとだぞ。エブリーに抜かれておったら、アカンで!